イルカがやってくる海

イルカいました

Dolphin

そんなわけで、
6月6日から昨日まで続いた正体不明の物語は
7年も前のこの写真を撮った頃を思い出して、
同じ場所へ出かけたときの話なのでした。

ええ、確かにイルカ、いました(泣)。
いるでしょ?

 

ホントだって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりイルカは来ない

ぴーかんに照りつけていた太陽が
いつのまにか夕日に変わっていた。

やっぱりイルカは来ない。
そりゃそうだ。

水温の変化で魚が移動したのも原因らしい。
うーむ、と地球規模で悲観的な気持ちになってみる。

振り返るとさっきの漁港がやけに可愛らしく見えた。

Nami1

Nami2

Nami3

Sunset

Fishingport

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口先3センチの笑い声

小さな漁港で
網の手入れをしていたおばさんに聞いた。

「あの、何年か前、この辺にイルカ来てましたよね・・・・」
「あーずいぶん前ね。最近は見なくなったねー」

「どこかこの辺の別の場所に移ったとか?」
「いやー聞かないねぇ・・・・イルカが来たって
うちらにはなーんにも良いことないから」

「あぁそりゃそーですよね、魚、捕りにくくなっちゃいますよね、
はっはっはっ」

ごまかしごまかしな自分の笑い声が
口先3センチかそこらで磯のにおいに溶けていった。

Onebox

Aiaigasa

Nami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長続きの秘訣はよくわからない

きょうは陽射しが強く、
車の中では温室のようだが
風も強くて外は肌寒いのであった。

通りがかりのユニクロで
快適そうなふにゃふにゃのパーカーを買う。
おかげで夜になっても寒さに負けなさそうだ。

こういうなれそめの服はたいてい長持ちで、
たぶん5年後も愛用しているだろう。

Carp

Shoes

Flower

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「漁師の台所」で猫、ランチ

漁師さんの台所に入りびたる野良ねこがいた。

人間に対してどうにもこうにもまったく警戒心がない。
警戒心はないけど、イチャイチャとなつくわけでもない。

「撫でるなら勝手に撫でててね」
「撮るなら、ポーズはとらないけどお好きなように」
「じゃ」

といって流し台のあたりに去っていく。

中でおばちゃんが
「あーら撮ってもらってよかったわねー」
と出迎えた。

Cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルカがやってくる海

何年前だったかよくわからなくなる程度に前、
このあたりでイルカを見たはずだった。

夕暮れ時だったよなーと思いつつ、午後遅めに家を出る。
すぐ近くまで来たが、ちょっと早すぎたようだ。
じりじりまぶしい太陽が、まだエンジン全開中。

カーラジオからはスローバラード、じゃなくて
FMの巻き舌がべろんべろんに巻きながら
リスナーの女子中学生となにか喋っている。

Ship

| | コメント (0) | トラックバック (0)