青森

港について

120507_mg_7979
青森でレンタカーのカーナビに「八戸港」と入力したら、
八戸港というのは恐ろしく巨大な港で、素晴らしく大きな漁船や
タンカーを眺めた末、いったん外側の道路に出て
戻ってきたらそこはフェリーターミナルだった。
ナビをプログラムした人は「しろうとさんならフェリーだ」
と思って目的地をそう仕組んだのだろう。

「カウリスマキの映画みたい」と奥さんが言った。

東北の空の下で見る港は特別だ。
船とかターミナルの建物の色とか大ざっぱな駐車場の広さが
あっけらかんとしているが、かえって振れ幅の広い
感情のあれこれを思い起こさせる。

からっと真っ白な船体が、よけい悲しく見えてきたり、
「バーン! バーン!」と火薬で打ち込まれる係留ロープが
やけに可笑しかったり、紺なのかオレンジなのかわからないような
水平線に近い空の色が、何か決心を迫っているようだったりする。

あちこち見て喜んでいるうちに1時間以上経ってしまった。


EOS 5DMarkⅡ+ EF24-105mm f4L IS USM  f8 1/100sec ISO200




| | コメント (0) | トラックバック (0)