文化・芸術

吉田美奈子

・・・・・Mmsunset

70年代にリリースされた吉田美奈子のアルバムを
10年ぶりに聴いたらこれがまたいい感じで。

ソウルフルつーか、くすぐられるような感じというか。

演奏はシュガーベイブとかティンパンアレーがらみの人たち。
山下達郎とか鈴木茂とか大滝泳一とか矢野顕子とか・・・・。
なかなか聴き応えありますな。

マイブームになりつつある。か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年の太陽の塔

070504taiyonoto1

 

何十年ぶりかわからないくらいぶりに
太陽の塔を見に行った。

大阪万博の時には主催側の意図に反し、
アンチ近代文明の象徴として
巨大な土偶のごとくメイン広場の屋根をつらぬき、
今は同じ場所で唯一、残された 万博の記憶として
すべてを背負い込む。

こんなイメージがあったので、
前に見たときと比べ、
「どれほど『遺跡化』したのか?」
「どれほど『歴史化』したのか?」
という興味をいくらか抱きつつ向かったのだが…。

この何十年間1ミリも動かず(当たり前か)、
うす汚れてもおらず、
肩が凝ったなどとも言わず疲れたとも言わず、
それはもう、リアルタイムな2007年において
絶対的な存在になっていたのであった。

多くの若者がやってきては塔を見上げ
「全部はいりきらへん」と言いながら写真を撮っていて、
その横を赤ちゃん連れの家族が通り過ぎていく。

太陽の塔はこれらを足下に見ながら(って足ないけど)
圧倒的な、そして原始のような未来のような、
強大なパワーを発し続けているのだ。

あーそうそう、これだ。
原始のような未来のような、あの姿形から、
とんでもなく未来に向かう力が放射されている感じ。

その時間のベクトルは
まったく遺跡にも歴史的遺産にも向かっていなくて
まさに今、存在している人間に対して
アプローチするために進んでいる。

岡本太郎はもういないけど、
太陽の塔は2007年の空気も揺さぶり続けているぞ。

うーむ、覚醒せねば。

 

070504taiyonotou2

 

070504taiyonoto3

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

岡本太郎

070429taro

きのう今日となんとなく仕事があり明日は自分的GW初日つーかあさってもしあさっても仕事なので何がゴールデンかという疑問はさておいて。

その後の連休に太陽の塔を見に行く。

前に見たのは幼稚園児の時だ。

いまはそのころより少々オトナになったので、
いやオトナになりすぎているが
ずいぶんとややこしい感慨とか感動とか驚きとか
発見とかが押し寄せることだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

沖縄の世界遺産でライブ!

013_1

沖縄の世界遺産のひとつに
座喜味(ざきみ)城があります。

僕が沖縄に通うきっかけになった場所で、
今まで何度も来ているわけですが、
なんと知人の率いるバンド「10行(Jyugoo)」
ここでライブを行いました。

アーチ状の門と石垣の曲線で構成された、
美しくしかも非常に神聖な場の空気と
神がかったハイトーンのボーカルが溶け合い
おそろしく特別な時間が生まれた気がします。

写真はこちらの飛び地へどうぞ。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

China Tour 06 Vol.1

001

 

 

    002_3  

 

 

003

 

 

 

004

 

 

短期間で中国を旅してきました。

オリンピックや急激な経済の変化で
まさに今、激しくダイナミックに動いている国だと思います。

4カットひと組で何度かに分けて公開します。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コリーヌ・ベイリー・ラエ?

って、人の名前なんですが、
(こう発音するのかも自信ありません
「Corinne Bailry Rae」って書きます)

ネットのラジオで流れていて耳に引っかかったので
名前をメモしてiTMSでダウンロードしてしまいました。

http://www.corinnebaileyrae.net/

すい〜とで落ち着く感じです。
英語圏の人が聞いたら、
やや子供っぽく聞こえるのかもしれませんが(!?)。
  
 
 
 
追記
いま調べたら日本版のCDは7月に出るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の青空

060520bluenight

おかしな天気でしたねー。

午後までは夏のようでしたが
両国で相撲を見て出てくると、
土砂降りの名残の小雨が降っていて、
遠くに日没の光と虹。

そんなことにまったく関心なさそうに、
黒海が4WDの助手席に乗って帰っていきました。

食事をしたあと上を見上げると、
夜空なのに青空。

なんか得した気分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フランス運転気質!?

060517renault_1

ルノーを借りて運転する機会に恵まれました。

フランス人は飛ばすのが大好きで
ブレーキはがっつーんと力いっぱい踏むのが当たり前で
オートマが嫌いなことがよくわかりました。

いやいやいや、
クルマがそういう運転を要求してくるんですよ(笑)。
スポーツカーでもないのに、サイコーに面白いわけです。

ルーテシアといって
日本車でいえばカローラとかフィットとか
そんなクラスの車種なのですが、
大衆車だけに、その国の道路事情とか国民性が
素直に反映されているのでは? と感じました。

石畳の乗り心地はトレビアンでございましたざます!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

だらだらさせて

060508

連休明けですなぁ。

さようならやすみこんにちはしごと。

昼間は気合い入ってましたが、
いや入ってたつもりでしたが。

夕方、企画を持ち込んでくださった写真家さんが、
ネットを通じて10年以上前から
お名前を存じ上げた方(こっちが一方的に)だったので
やけに話が長くなってしまいまして、
気がついたら激烈空腹状態。

一挙にパワーダウンす。

休み明けも苦手ですが空腹にも弱いですワタシ。

相手の方にも悪かったなと…反省。

とりあえず寝ますええ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国獅子舞06.5/3

久々、といっても春節以来ですが、
中華街で獅子舞を撮ってきました。

撮影中、隣り合わせに立ったおばさんが
「今、中に入ってる子は動きがいいねぇ。
この子達は勉強熱心だから、そりゃうまくなるよね」
などと手短に評してすーっと去って行きました。

街に根ざした文化ですなぁ。

0605031
0605032
0605033
0605034
0605035
0605036
0605037
0605038


| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧