« 2012.6.9 | トップページ | アマチュア写真家の「まんじゅうこわい」 »

2002年5月6日

120620_mg_7502

先日、写真展で本橋成一さんにお会いしたことを思い出し、
久しぶりに「無限抱擁」という写真集を開いた。
チェルノブイリの近くにある村を撮影したものだ。

放射能まみれの村なのだが、
素朴な村人達と、土地の自然がひたすら温かく、美しく、
泣きそうになってしまうような写真集だ。

見返しに本橋さんのサインと日付があった。

「2002.5.6」。

ちょうど10年前だ。
恥ずかしいけどこの頃は、
「チェルノブイリもまだまだ大変だなぁ」くらいにしか
感じていなかったと思う。

そして10年後、日本の原発問題が
収束のあてもない状態になっていようとは想像もしなかった。

いつの間にこんな国になっていたんだろう。

EOS 5DMarkⅡ+ EF24-105mm f4L IS USM f16 1/80sec ISO200

|

« 2012.6.9 | トップページ | アマチュア写真家の「まんじゅうこわい」 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

写真展」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/55013374

この記事へのトラックバック一覧です: 2002年5月6日:

« 2012.6.9 | トップページ | アマチュア写真家の「まんじゅうこわい」 »