« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

被災9か月後の気仙沼にて

111231_mg_4277

一週間ほど前、気仙沼に行ってきた。陸前高田にも。

ちょうどクリスマスで、
サンタの格好をしたボランティアの若者達が
オープンした復興商店街のイベントを盛り上げていた。

元気ですねと言うと「カラ元気だよ」と言って
静かに笑った仮設居酒屋の主人

家族を3人亡くしたおっちゃんが
無事だった古い看板を掲げて娘と再開した仮設美容院

知っている限りの裏道を駆使し、
命からがら津波から逃げ切ったタクシーの運転手さん
そして彼の後ろをついて行ったおかげで
4人の一般ドライバーが命拾いした

亡き娘の成人式の傷んだ写真を
親から頼みの綱のように依頼され、
納得いくまで何度も何度も修正した写真館の人

地盤沈下で毎日あふれる海水

復興計画が固まるまで流された信号機は再設置できない

一度は行かなくてはと思っていたところ、
たまたまの機会で家族に便乗した形だったが
それだけでも多くのことが目と耳に入ってくる。

僕のような非力なおっさんにできることは
それほど多くはないのだけど、
いま日本で暮らしている人間として、
この現場の空気を吸って、人と会って
何かを食べることはすごく重要なことだったように思う。

そして今後、継続的にそれを思い続けていくことも。

今夜、紅白歌合戦を見ている時も
明日、正月の餅を食べている時も、
「この町は、こんなふうにあり続けている」ということが
忘れようもない立体的な思いとして
頭の中に残っていくだろう。

きっと1年後の年末年始も3年後も、そうでなくてはいけない。

少なくとも気仙沼市街までは交通機関も問題ないし
復興屋台村復興商店街があるので
食事などに困ることもない。
またどこかのタイミングでお邪魔させて頂きたいと思っている。

EOS 5DMarkⅡ+ EF24-105mm f4L IS USM  f8 1/125sec ISO200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動しない旅

111210moon_mg_3487
-------------------------------------------------
いつの間にか1週間たってしまいましたが、
お陰様で写真展が無事終了しました。

ご来場下さいました皆様(そして応援して下さった皆様)に
心より御礼申し上げます。

また、会場ではお一人お一人に充分なご対応もできず、
本当に申しわけありませんでした(ただいま大反省中)。

これに懲りず、今後もおつき合い頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------

会期中はほとんどギャラリーにいたのだが
有り難いことに一人きりになる時間はほとんどなく、
次から次へとお客さんが来てくれた。

飛行機乗りの話をする人
熱心に沖縄のことをきく人
撮影場所や撮り方を質問する人
10年振りに会う知り合いや、古い友人
テーブルの菓子を目当てに来た知らない老人
仲良くしてくれている写真家さん達
CAPA時代からのカメラ誌編集者仲間
カメラメーカー各社のみなさん

自分は部屋の中でじっとしているだけなのに、
まるで何かのロードムービーか、
「ビッグフィッシュ」のラストシーンを見ていたような気分だ。

これはとても贅沢な「移動しない旅」かもしれないと思った。

そんな経験をさせてくれたことに感謝しています。
次はもっと楽しんでもらえるようにがんばろう。


EOS 5DMarkⅡ+ EF70-200mm f4L IS USM + 1.4x  f5.6 1/15sec ISO1600



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »