« 岡嶋和幸展「KURO−SHIO」 | トップページ | 稲越功一と5人の写真家展 »

アイルトン・セナの映画

101020_mg_9942

そういえばセナの映画を見に行ったのだった。

初めて地元グランプリで優勝したときのシーンは、
テレビで昔、見たはずなのについ泣けてしまった。
ゴールした後、無線で狂ったように叫びまくって、
ウイニングランの途中で失神してしまうという壮絶さ。

この時はレース終盤に車がトラブルを起こしていて
普通なら走りきれないほどの状態だったので
「奇跡的な勝利」とも言われたわけですが。

セナは何かが取り憑いて勝たせているかのような
「奇跡の勝利」が多かった気がするなぁ。

ただ、この映画はそんなマニアが喜ぶ「レースの名シーン」は
最小限しか出てこなくて、逆にF1に興味がない人が見ても
最後に号泣してしまうような、いい人間ドキュメントになっていた。

実際、近くの席にいたカップルの女性のほうは上映前に
「セナって名前くらいしか知らな〜い」と言っていたが、後半は号泣。
この人、セナが死んだことも知らなかったのかってくらい、
最後の事故のシーンでがっつり号泣。

また見たくなってきた。

|

« 岡嶋和幸展「KURO−SHIO」 | トップページ | 稲越功一と5人の写真家展 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/49799987

この記事へのトラックバック一覧です: アイルトン・セナの映画:

« 岡嶋和幸展「KURO−SHIO」 | トップページ | 稲越功一と5人の写真家展 »