« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

横浜開港150年の神秘

・・・・・・・0904214

横浜を散歩してたら
人垣ができていて、向こうからパレードの音楽が近づいてきた。

なかなか姿を現さない、超オソ足なパレードに近づくと
時速2キロで巨大なカニ・・・いやクモが
排ガスとあぶくを吐き出しながら歩いていた。

0904202

「ラ・マシン」というフランスの作家が作ったアートらしい。
これを考えたのはきっと「AKIRA」と「鉄コン筋クリート」と、かに道楽が
大好きなフランス人に違いない。

0904203

ごきげんよう、カニ。
いやクモ。

・・・・・・・0904201

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今週はなぜか

・・・・・・090414

ちょっと体が追いつかなくなっている。
夕暮れ時の色合いに、ふ〜っと力が抜けていく、といいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これがホントの場外乱闘

090411

相撲の町、両国へ。
この町に長く住んでおられる知人に昔話を聞いた。

この方のご自宅は、昔の両国国技館(いまの国技館とは
駅をはさんで反対側)のすぐ横。
そこは80年代まで日大の講堂として使われていたそうで、
当時はプロレスの試合がしょっちゅう行われていたらしい。
時代はブッチャーやタイガージェットシンの全盛期。
もちろん試合開始のゴングが鳴る前から乱闘、がお約束である。

逃げまどう観客。
飛び交うパイプ椅子、とかゴングとか!?

で、ノってくると、この乱闘がさらに場外へ拡大、
表通りの歩道でレスラー達が暴れるという、
わけのわからんところまでいっていたらしい。

町の人が信号待ちとか晩ご飯の献立でモメたりしてる横で
タイガージェットシンが馬場をメッタ突きしているのだ。
寺山修司も郷ひろみの街頭ゲリラライブもびっくりなのである。
つーかその間、中のお客さんはどうしてたのか??

戦う男の町、両国は奥深いのであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11時間睡眠

090404

なぜか今週はぐったり疲れ切り、
夕べは1時ごろにこと切れて、
気がついのは昼の12時。

この疲労感は、まぁ変な寒さの影響が大きいのでしょうけど。

来週は雪山に入る仕事もあるが体は持つのか・・・・!?

いっそムチャクチャ寒い方が元気出るのか!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »