« 色ブーム | トップページ | ダメの連鎖 »

世界の果て

・・・・・090215

堀越裕美さんの「世界の果て」という写真展を見た。

フランス西北端・ブルターニュの海岸を撮ったものだ。

ある作品では、
なぜか遠近感がめちゃくちゃ、というか
あまりにも広い場所なのだろうと思うが
「この風景の中に人間がいたらこのくらいの大きさだろう」
と最初に抱く標準サイズの感覚が、
その写真の中に米粒のように存在する人を見つけた瞬間、
がらがらと崩れてしまう。

そんな作品があるかと思えば、
舞い上がる砂でぼんやりとしか認識できない
人、浜、空がなんとなく・・・・ある? という、
なんちゅうか「心の中」みたいなものがあったり。

「果て」の観念と視覚の間を、
見るものが自由に行き来できるような、
そういう気持ちよさを感じさせてくれた写真展でありました。

|

« 色ブーム | トップページ | ダメの連鎖 »

写真・カメラ」カテゴリの記事

写真展」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/44075368

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の果て:

« 色ブーム | トップページ | ダメの連鎖 »