« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

死ぬかと思った

080916chinatown

連休中に中華街で突然、腹痛に襲われ、
あれよあれよという間に歩くのもやっとという状態になった。
さすがにマズイと思ってカミさんに近くの救急病院を聞いてきてもらい、
タクシーで運んでもらう。

病院についてからも左の脇腹から体の中心に渡って
痛みがどんどんひどくなっていく。
座っていることもできなくなり、
レントゲン室から診察室までは移動式のベッドに乗せて運んでもらった。

人生初乗車。

これが・・・・、
天井を見ながら運ばれていると、角を曲がるときに酔ってしまう。
過敏になった体には最悪の乗り物である。

その後、もう、死ぬかと思うような激痛に過呼吸となり、
両手がしびれ始め、落ち着いて息をするようなだめられる。

看護師さんの態度で、死ぬような状態ではないと頭では理解できるが、
死ぬような病気も同じくらい痛いのではと思ってしまう。

そして人生初点滴。

その他とりあえずの鎮痛剤などで、なんとか凌ぐことができ、
家に帰れることになった。

どうやら結石ができているらしい。

で、きょうはあらためて受診。
あしたは朝イチで検査。

ともに中華街の病院へ行く。

医学は素晴らしい。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一眼レフと海水浴場と警察官

080907sunshine

きのうは、まだびっちり残暑の葉山へ。

浜のエリアによっては外国人率が高い地域である。
語学がまったく堪能ではないのに、なぜかこういうとき
外国の方に話しかけられがちである。

そして御用邸付近の浜では、
一眼レフを持ち歩いているが故、
詰め所の警察官の方に声をかけられがちである。

「この辺、御用邸に向けて迫撃砲を撃ちこんでくる人物が
いないとも限らないんで、一応、声がけさせていただいてますけど、
いえね、撃ってきた人なんていないんですけどね、
ま、どう見てもカメラですよね、わっはっは」

「迫撃砲」というものをよく知らなかったので、
帰ってネットで調べてみたが、
どうみてもカメラと見間違えるような大きさではないと思う。

・・・・・080907bottom

・・・・・080907boyrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかった夏休みも、もう終わり

080906chairs_2

その後の四国では、愛媛に住む姉一家と合流するなど、
人並みに夏休みのようなことをして過ごした。

初めての高知は、予想していた以上にいい感じの南国で、
ひさびさの愛媛は、さらに行ってみたい場所が増えた気がする。

ゆっくり時間をとって訪れたはずの四国は
思っていたよりもずっと広くて、深いのでありました。

・・・・・080906muroto_2

080906window_2

・・・・・080906seaside_2

080906wave_2

080906pao_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見るものすべて緑色

・・・・・080901bluesea

とにかく佐田岬の先端まで行きたかった。
単純でバカらしい気もするが、この欲求は生理的な衝動としか思えん。

で、車道が行き止まりになる一番奥の駐車場から浜を見下ろすと、
なんか変な気がする。いや何かが間違っているような。

・・・・・080901green1

突端の灯台まで伸びる歩道を歩いて進み、途中の浜へ下りてみると、

080901green4_2

見渡す限りの砂も岩も全部、緑色だった。
目に入るものすべて緑。

080901green3

目がおかしくなったのかと思ったが、本当に緑色である。
そして緑色なだけでなぜそうなるのか理由はわからないが、
妙な感動と興奮と、異常な暑さで滝のように汗が落ちる。
おかげでカメラがびしょ濡れになった。

ハワイ島にグリーンサンドビーチという浜があって
まだ行ったことがないけど、たぶん同じ成分の地質なのだろうなぁ。
愛媛のハワイ、佐田岬へようこそ。どこじゃそりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »