« もめない竹島(その2) | トップページ | 10秒の集落にもドラマ »

もめない竹島(最終回)

008

岩場をでこぼこ歩きまわっていると
何気なくこちらをチラチラ見たりする女子ふたりがいた。

しかしどういうわけか、この島の不思議な近距離感の中では
「こんにちはおふたりはどちらからおいでですか」
などと話しかけて出会いが始まろうというほど、
旅の気分がそそられないのである。

そそられないまま、チラ見に反応せず通過してしまった。

たとえば近所の児童公園で
「どちらからいらっしゃったんですか」
などと話しかけられる出会いに気が進まないよーなもんで。

狭くて暑くて、丁度いい呑気さと守られ具合の島、愛知県蒲郡市竹島。

岐阜の実家の母は「ああ、竹島さんばしのある島ね」という。
そりゃ「竹芝桟橋」の間違いだろ。しかも東京である。

子供の頃よく飲んだソーダを買って、脱力しつつ家に帰った。

009

010

011

012

|

« もめない竹島(その2) | トップページ | 10秒の集落にもドラマ »

もめない竹島」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

チェリオですか!昔、大手メーカーより中身の多かったあのやつですね。お世話になりました。まだ会社あるんだねー。
ところで、現在、スペースシャトル、エンデバーが宇宙にいっております。NASA TVで宇宙からのライブ映像が観られます。すごいです、本当!

投稿: Y | 2007/08/12 03:05

おー、チェリオ懐かしかったよ(笑)。

NASAの映像すごいなぁ。
さっき乗組員のインタビューを見た。
英語を勉強せねば! と久々に思ったね(泣)。

投稿: TK | 2007/08/18 02:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/16053928

この記事へのトラックバック一覧です: もめない竹島(最終回):

« もめない竹島(その2) | トップページ | 10秒の集落にもドラマ »