« 意外と近くに意外ないろいろ | トップページ | 「ゼロ」が教えてくれるもの »

スーパー徘徊老人

おとといのことですが
岐阜の実家に行くため、
東名高速をぶっ飛ばしておりましたら
視界の左端になーんか違和感のあるものが
入ってくるわけです。

こう、全体的に黒っぽくて
くしゃくしゃな布きれのようなものが、
逆光に沈んで風に翻弄されている…。


動体視力にフルパワーかけて
その物体をフォーカスしてみたら…

なんと、買い物カートを押すおばあさんでした。

車の走行風にあおられて
髪はバサバサ、
もーなんでワタシャこんなとこ歩かなきゃいかんのよ?
みたいな顔して、ボロボロになりながら
路則帯でカートを押してる…。

あまりに不自然な光景だったので、
通り過ぎてから考えようとすると
「なにかの見間違えだっけ?」と自分が信用できないわけです。
ちゅうか、ばーちゃん道、間違え過ぎだよ?

いやいやいや、
徘徊老人かそうかそうにちがいない。

今ごろ家族が捜してるかもしれん。

そんなわけで
最寄のバス停から緊急電話しようとしたら
ひと足早く来た方が同じ用件で電話しているところでした。

あーびっくりした。

しかし、
どーやって入ったんだろう?

買物カートにETC、か!?

ばーちゃんの無事を祈る。

|

« 意外と近くに意外ないろいろ | トップページ | 「ゼロ」が教えてくれるもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/11330425

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー徘徊老人:

« 意外と近くに意外ないろいろ | トップページ | 「ゼロ」が教えてくれるもの »