« 特に関心ないけど阪神優勝 | トップページ | F1鈴鹿参り・19回目の修行 »

1対1のお仕事

車のガレージを経営している後輩と久々に会った。

彼がやっているのはただの整備工場ではなく、
古い外車や稀少車の修理とか、とんでもない改造などが得意で、
お客さんの大半は「よそで面倒みてもらえない車」を
持ち込んでくる人たちだ。

人手も少ないし、彼の経験と知恵でしか進まない作業も多く、
いきおい仕事のペースは受け手のものになる。

「このアルピーヌなんか2年もあずかってますよ」

「えー? そんな大変な修理なの?」

「車検です」

「おいおい車検1回分終わっちまうだろーが!?」

「いやいや大変なんですよあの車、車検通るようにするのが無茶苦茶メンドくさくて。最近はオーナーが毎週見に来るからちょっとずつ手をつけてますけど」

なんじゃそりゃぁ。

…しかし、こんな仕事を良心的な値段で引き受けられるガレージは
日本に何件もないらしい。
(ちなみにアルピーヌというのは30年以上前のフランス車っす)

オーナーさんは彼が面倒を見なかったら、
ほかに頼れるところがないか、もしくはずっと高い料金を
覚悟しなきゃいけないわけだ。

ひとりのお客さんと、その人が愛する特別な1台の車に
こんな調子でつきあっていき、確実に満足を提供する…。
いい仕事かもしれないなぁ。

何万人というマスに売れなきゃいけない本を作る自分の仕事と
まったくの正反対ではあるけれど、こんな話をしていると
何万人も「ひとり」の集まりだということを
忘れちゃいかんなー、などと思うわけであります。

|

« 特に関心ないけど阪神優勝 | トップページ | F1鈴鹿参り・19回目の修行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74241/6226828

この記事へのトラックバック一覧です: 1対1のお仕事:

« 特に関心ないけど阪神優勝 | トップページ | F1鈴鹿参り・19回目の修行 »