« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

特に関心ないけど阪神優勝

050929torakichi

会社帰りに渋谷を通ったら、
ハチ公前に阪神ファンが集合して、
ハタ振るわタイコ鳴らすわの大騒ぎですよ。

そこへ駅前交番の警官がスピーカーで
「タイコを鳴らすのはやめなさい!」
がーがーがーがー注意してましたです。

……いつから法に触れるよーになったのかタイコ?
千代田区の歩きたばこと同じ?
「渋谷区条例により歩きタイコ禁止」?

いやいやいや。
あそこで毎晩、音を出してるバンドは何も言われてないすよ。
だいたいすぐそばを電車が走ってんだから。

警官、仮眠の時間だったのか?
それとも巨人ファンか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

手に汗握る千秋楽!!

050925hanawa

大相撲を見に行ったら、
はなわが懸賞を出していた……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷でF1

050922F1

深夜の渋谷駅にF1マシンが置いてありました。

終電終わったら、これに乗って帰りなさい、と。

…んなわきゃなく、
近づいてきた日本グランプリ関連のパブリシティですな。

人通りは多くなかったのですが、
ガードマンがしっかり目を光らせてました。
写真でわかる通り、ただ一人近づいて写真を撮る僕を
完全にターゲットとして睨みつけてます。
この人さえいなければ
こっそりコクピットに座ったりできるのになぁ。

ちなみにF1チームはこういう展示のためのマシンを
何台も作っているそうで、エンジンその他、
走るために必要だけど外から見えない部品はついてないし、
パーツの材質も安い物に換えられているようですが、
それでもかる〜く2〜3000万円するそうです。
んで、余裕のあるスポンサーがこれを購入してPRに使うと。

…そりゃ、見張りつけますわな。

一生、走らない車が家なみのお値段、ということなわけですが。
つまり実物大のプラモと大して変わらんものが
これこれこーゆーわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おめでと〜!

050914simiz

いつもウチの雑誌で素晴らしい写真を撮ってくれている
カメラマンの清水哲朗さんが
「名取洋之助写真賞」という賞を受賞された。
http://www.jps.gr.jp/news/2005/20050914/20050914.htm

ぱちぱちぱちー。
審査員は田沼武能さん(日本写真家協会会長)、椎名誠さん、
鳥越俊太郎さん、金子隆一さんというそうそうたる顔ぶれっす。

前からその才能を確信していた人だけに、
嬉しいことでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スプーン曲げに成功!?

050912spoon

ちょっと日が経ってしまいましたが……
え〜スプーン曲げでございます。

「ユリ・ゲラーのテレビ見てただけで
スプーン曲げられるようになっちゃった」

という写真家さんがいらっしゃいましてですね、
大量に曲げたスプーンを使って写真集を出されるというので、
その作品を紹介かたがた編集部に来てくださったんですよ。
で、実際に曲げて見せてくださる、と。

いわば超能力の実演販売ですはいオクサン見て見て見て!

右手でスプーンの真ん中らへんをにぎり、
親指は「くび」の裏側に軽く当て、
左の手のひらで先の部分を包むようににぎって念ずる〜

……ぐにゃ。

みごとに曲げて見せてくださいましたですよ。
フォークでもフライ返しでも自由自在ですよ。

でもって、彼女と一緒にいると5割ちかい人が
曲げられるそうで、一緒にやってみましょうということになり、
トライしてみました。


1回目。
ん〜まだリラックスしてない。ちゅうか、
こんなもん曲がるかい! とちょっと思いながらやっている。


2回目。
曲がりそうになるまで写真家さんがやって、
ここぞ!という感触が訪れたときに手渡してくれた。

…ぐにゃ。

おー! なんか軽く力を入れたら曲がっちゃったですよ。
こーゆー感触なのね。


で3回目。
もうまわりにいる連中も緊張感がなくなってきたし、
1度曲げてるので、ちょっと余裕。
やっぱ俺、超能力あったわ。

……ぐにゃ。

うぉぉっ!
今度は正真正銘、自分で曲げちゃったよぉ!
同席のスタッフ女子2名の俺を見る目が違うぜおい。
いや、そういう目とも違う気はするが。

もー今までの自分と違う自分がここにいるわけですよ。
まったく根拠のない達成感とともに。

しかしその晩、うちに帰ってカミさんの前で試したら、
やっぱり一人では全然ダメなわけです。

しまいにゃ
「いい加減にやめなさいよ」と怒られる始末。

いいもんねー、でもホントに曲げたんだもんねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »